つみき

一戸建てにも種類がある|足元を見るのが正解

古いからこその対処

一軒家

気になるニオイを防ぐ

浅築年数の中古一戸建ては、若い世代にも手が届き、さらに前オーナーのこだわりを理解していることで優先性を妨げずに維持できるなど、初期費用を抑えた住宅を手に入れられます。特に、藤沢問わず、女性目線で設計された中古一戸建てへの関心も高く、仕事や家事、育児などの負担軽減できる機能やデザイン住宅が評価されています。中でも、キッチンからのニオイなどが2階やリビング、外へと放出される懸念から、ニオイ対策された中古一戸建て住宅が注目されています。色彩や形態、構造などは藤沢エリアで中古物件を検討したり、相談する際に重視されるケースは多いものの、ニオイについて触れるケースは意外と少ない傾向です。騒音は住環境でも敏感に反応し、照明などの視覚も同様で、そのライン上に嗅覚も暮らしの条件として、多くの女性が挙げ、ニオイに特化した中古一戸建てが話題性を高め、適切に換気するだけではない天然素材なども用いられているのも特徴です。特にキッチンやトイレなどは、呼吸する設計で人気を浴び、例えば、ニオイのみを吸着する壁紙はもちろん、石材や木材、漆喰などの多孔性の建築材料を通した空気のナチュラルな拡散も評価されています。藤沢エリアでも、オレンジのテラコッタ瓦やレンガ貼りなどが特徴の欧風やアメリカンな中古一戸建ては、石材などの素朴でぬくもりを感じさせるデザインで人気を集めています。一例には、ナチュラルに香りが漂う住まいとして、植物やハーブなどを植える庭園やフラワーボックスのついた小窓などが設けられた中古一戸建ては評判ですし、キッチンからそのまま屋外へ出られる勝手口やサービスヤードもポイントに挙げられています。もちろん、ニオイは庭でバーベキューを楽しむなどのスペースから、隣近所へ不快感を与えることもなきにしもあらずで、風の流れやニオイを吸収するウッドデッキ、植樹などまで意識した住宅が藤沢一帯でも支持されています。